病院で行われるAGA治療の仕組み

脱毛症のタイプのひとつに、AGAと呼ばれるものがあります。


AGAは男性型脱毛症で、その名前からもわかるように男性によく見られる脱毛症です。
また、男性型と言われるように男性ホルモンが大きく関係しているのがこの脱毛症の一番の特徴です。


AGAは病院で治療を受けることができますが、AGA治療の効率をあげるためには、AGAの発症する仕組みについて知っておくことも大切です。

AGAに関係する男性ホルモンは、テストステロンというホルモンです。しかし、このホルモンがあると即AGAを起こすのではありません。
実際には、テストステロンにある種の酵素が働きかけてできる第2の物質がAGAの原因となります。

この第2の物質はジヒドロテストステロンで、毛根のレセプターに結合するという性質があります。

毛根にジヒドロテストステロンが定着すると、発毛期から成長期、退行期、休眠期と繰り返すのが正常である発毛周期が退行期や休眠期に切り替わってしまいます。


その結果、これから成長するはずの若い髪が成長しないままだったりあるいは抜けていくために薄毛が進行してしまうのがAGAが起きる仕組みです。


このように、酵素によるホルモンの変換が原因のひとつにあるので頭皮ケアなどの外からの対策だけでは改善は難しく、医療機関でのAGA治療が必要です。

病院で行われるAGA治療では、男性ホルモンのテストステロンがAGAの原因物質ジヒドロテストステロンに造り換えられる時に作用する酵素の働きをブロックする飲み薬が使われます。

この飲み薬は、医師が処方する世界で始めてのAGA治療薬です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1364166033
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0924/059782.htm?o=0
http://www.lococo-cl.com/

新宿で脱毛情報のご紹介です。

下北沢にある美容院の口コミ情報をまとめました。

池袋の医療レーザー脱毛情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

泉岳寺でネイル情報の公開中です。

名古屋のレーザー脱毛の最新情報を紹介します。

MENU